富士山のマナー「富士登山マル秘テクニック」

私は、砂走りを駆け下りていたとき、一度「ブロッケンの怪物」を見たことがあります。
砂走りでこの怪物と遭遇したら「駆ける」のを止めねばならないのです。

富士山マナー

ブロッケンの怪物の正体は、「自分」です。山頂付近は大抵晴れていますが、
上昇気流に乗って雲が斜面を登ってくることがあります。「ガスる。」と言います。
霧と思えばよろしいでしょうか。ようするに自分が雲の中に入ってしまうのです。この時は非常に視界が悪く数メートル先までしか見えません。
ですから、他の人と衝突する危険がありますのでガスっているときは走ってはならないのです。
怪物に見えているのは、太陽を背にした時にその雲に投射されている自分の影です。
その影にはリング上に採光があって、神秘的です。日本では、この現象を「御来光」と呼ぶこともあります。仏の背後の光琳のように見えるからです。

登山道では、皆、考えていることは同じです。頂上まであとどれくらいしんどいのだろうか。
すれ違う人は、その点においては先輩です。登山者から挨拶するのがマナーです。
通常、登山道では、他人とすれ違うとき「こんにちは」と挨拶することになっています。
富士山でも同様ですが、富士山の場合、山頂が近づくと登山道が合流している場合が多いので、
下山者と登山者がすれ違いますが、一部の道では、「登山道」と「下山道」がはっきり示されています。
途中で分岐することもあります。富士登山はワンダーホーゲルではないので、不慣れな登山者も大勢おります。
ご年配の方もいらっしゃいます。そのような人たちは、限られた時期に入山するので、「混雑」している山です。
ちょうど、初詣のように参拝者が大勢歩く道を想像されるとよろしいでしょう。
そもそも富士登山はその意味もある山ですから、混雑するのです。
ですから、「一方通行制度」が暗黙に定着しています。逆流はマナーに反することもあるとお考えで楽しまれた方がいいでしょう。

なぜこのようなことを申すかと言いますと、帰りの自動車の渋滞を嫌って、敢えて逆流する人がいるのです。
それは、以前は慣れた人がしていた行為でした。最近は、「ガイド本」などで「富士登山マル秘テクニック」と称して勧めていることがあるからです。

登山道一方通行は、自動車の「道路交通法」のような強制規制ではありませんが、マナーとして定着していること覚えてください。特に、先に申しました、「砂走り」を登山(逆流)するのはお互いに危険です。ここに限っては「下山専用」です。
富士山は、午後から夕刻に登山者が多く、下山はその逆です。大勢がそうしているので、下山者と登山者がすれ違うことは少ないのも特徴です。
すれ違った時は挨拶してください。登っている人が考えていることは全員同じ内容です。「あとどれくらいかな?」