富士登山はシーズン中に登ろう。

下山中、耳が痛くなることがあります。海でのダイビングのご経験がない方には辛いかもしれません。
登るときの気圧変化は緩やかですが、下山は速度が早いので、内耳の調節が上手く出来ないとき痛みます。
鼻をつまんで息んで耳に圧力をかける動作をすると治ります。

登山で恐ろしい思いをしたことがあります。
私は7回登ったと申しました。1回目はシーズン中の1回だけで、あとは年に2回登りました。
2回目からは、先輩が転勤したので、私が山開きのお手伝いのために、山開き前に登ります。
そして、もう一度シーズン内に登ります。それを3年続け、現在の居住地へ引っ越しました。

この登山中のことです。山開き前の6月の五合目駐車場には一台も自動車はありません。
ここへ来る前に、支度の買い物時に「乾電池」を買いました。当時は「LED」のヘッドランプなどない時代でしたので、電池の予備は必需品です。
夕刻、ソックス、ズボン、シューズなどの支度をし登り始めました。植物が茂る高度でも凍りついていたのでアイゼンを取り付けました。
登り初めて1時間半ほどで完全に火が落ちました。この時思い出したのです。
予備の電池を自動車のダッシュボードの上に置いて忘れてきたことをです。この時期の富士山九合目は氷点下です。
しかも、他に入山者はいません。自前の灯りしかないのです。この時は本当に怖かったです。スイッチを入れて辺りを見回し風景を記憶して、
すぐにスイッチを切って、闇の中を進みました。そんなことをしながら心細い中、スイッチを入れたら、
例の番号が書いてある石を見つけました。嬉しかったです。トントントンと駆け上ると山小屋から明かりが見えました。

富士山

夜間の登山で明かりを失うのは命取りです。防寒、食糧に並ぶ重要物件ですから覚えておいてください。
数年前、富士山で落石事故があり幾人かが命を失ったことがあります。
富士山は「険しい山」と言うイメージは少ないです。実際、老若男女登れる山です。
しかし、山です。物質が動力なして登っていくことはありえません。落下あるのみです。
特に富士山は火山ですから、山肌が脆い(もろい)のです。

富士山の真西斜面に深い溝が見えます。「大沢崩れ」と言い、ここは、落石が絶えず起こっており、その音が止まずに聞こえます。
ここには一般向けの登山道はありません。実は、富士山は全斜面が崩れています。
つまり、小さくなっているのです。そして、噴火があって体積を増し、また崩れます。噴火の堆積量が崩れる量より多かったので高くなったのが富士山です。
大沢崩れはその規模が大きいので目立ちますが、落石はどこでも起こりうるので注意が必要です。