富士山登山―登れば登るほど物価が高くなる。

富士山の山開き、「開山祭」は富士山本宮浅間大社本宮で毎年7月1日に行われます。
この日に村山修験の「護摩焚き」も行われます。

一般的な人々でも登山が可能な富士山ですが、やはり日本最高峰のお山ですから、季節外れの登山は命に危険が及びます。
山頂にはもちろん「万年雪」があり、真夏でも山頂は「冬」です。山開き直前に登山をすると、
8合目辺りからは「アイゼン」を装着せねば登ることはできません。また、軽装で登ることが一般的なゆえ、
宿泊の配慮をなさないままの登山は命に危険をともないます。商業山小屋が準備を整え終わるのは山開きからですから、
これ以前の登山では宿泊施設がないと考えなければなりません。

富士山の宿泊施設である「山小屋」は各登山道から登って行けば数多く整備されています。
健康な人であれば、シーズンは、宿泊なしの「日帰り登山」も可能です。富士登山はワンダーホーゲルの意味合いは薄く、
登りやすい山です。ですから、夜間の富士登山も可能です。

富士山の山小屋の利用目的の多くは「ご来光」を拝むための施設であると考えて差支えないでしょう。
つまり、通常の宿泊施設の様に「一晩眠る」と言う利用者は少なく、通常、夜明け前には起床し、登山を再開します。
ですから、山小屋の宿泊者が他の入山者と朝、洗面所で合って、歯を磨きながら「お早うございます。」と言う光景はほぼありません。
富士山の山小屋では、起床は山小屋のご亭主が手伝ってくださいます。各山小屋では、その小屋を出発して山頂に着くまでの標準的な所要時間を知っていますので、日の出から逆算して宿泊者を起床させます。
リゾート気分で宿泊されているなら、その時の声掛けで起きる必要はありません。私は、7度登っていますが、ご来光を山頂で拝んだのは1回だけです。

山小屋でのあらゆる費用(価格)は標高が高くなるに従い高くなります。

お金

理由は簡単で、そこにそれがあることを考えれば納得できます。水は無論、あらゆる物資は麓から運んでこなければならないからです。
いくら登りやすい山とはいえ登山で持ってくる物資には大きな制約があります。
つまり、値段の殆どは運賃なのです。また、休む小屋が標高の高いところにあれば、起床後の登山道中が短いわけですから、
最大の目的である「ご来光拝み」の利便性を考えると、やはり高度の高い山小屋の方が有利です。
そのことも価格に含まれます。
登山道を使ってしか運べない場所への物資の輸送は人力です。「強力(ごうりき)」と言います。
「剛力」とも書きます。「歩荷(ぼっか)」のことです。